抗がん剤治療・薬物治療の基礎知識

抗がん剤治療・薬物治療の基礎知識

抗がん剤を利用して、がんの治療する方法は「抗がん剤治療」とか「薬物治療」と呼ばれています。
抗がん剤治療による副作用があります。
ですが、その副作用はある程度予想できます。
対処する方法を知っておけば副作用の症状を軽くできるのです。

抗がん剤を利用することで、がん細胞が広がることを押さえます 。
がん細胞の増殖を防ぐ抗がん剤を用いた治療法ががんの薬物療法です。
がんが増えることを抑制したり、再発や移転を防ぎます。
がん細胞の成長を遅らせたりします。
小さな大きさのがんで転移しているかもしれない場合に治療するときにも利用される方法です。
 
がんに対して局所的な治療が手術療法や放射線療法です。
一方の抗がん剤によるアプローチは、それらの方法よりも広範囲に治療の効果が及ぶのが特徴となっています。
このような特徴から、がんの転移があるかもしれない場合や転移を予防することに期待されます。
血液やリンパのがんは広範囲になります。抗がん剤治療でしか治療ができません。
 
抗がん剤治療は単独で利用されることもありますが、病状によっては
手術療法や放射線療法などと組み合わせて集学的治療をすることもあります。
 
抗がん剤治療では、ひとつの薬剤を使って治療するとは限りません。
複数の抗がん剤を使って治療するアプローチもあります。
作用の違う特性を持った抗がん剤を複数利用することにより、効率的な治療になるケースもあります。
 
抗がん剤はいくつかの種類に区分されます。作用の仕方によって違います。
「化学療法」はある化学物質によってがんの増殖を抑えて、がん細胞を破壊します。
「分子標的治療」はがん細胞だけが持っている特徴を分子レベルでとらえる発想です。
それを標的にした薬剤である「分子標的薬」を用います。
「ホルモン療法」はがん細胞の増殖に関係がある体の内部のホルモンをコントロールするアプローチです。
がん細胞が増えるのを抑制する効果があるホルモン剤を使います。内分泌療法と呼ばれることもあります。

がん治療